ようこそ!絵描きのジョンへ

当ブログは絵描きのjon covetのオリジナルコンテンツ集です。毎日更新中の4コマ漫画「MON MON MONSTER」を中心に発信していくので面白かったっらブックマークお願いします。あと各種SNSもやっているのでフォローもお待ちしています。

↑こちらのエッセイにぼくが活動する理由が書いてあるのでよろしければチェックお願いします。

※現在ページを改造中。いつも通りやりながら変えていくので変更作業も含めお楽しみください。

 

エッセイ「レミゼラブル2」(更新)
■MON MON MONSTER
ジョンのうちの子イラスト(更新)
YouTube「ジョンコヴェチャンネル
イベント情報
LINE STAMP
ショップ

 

 

裸になってステージに上がれ

 

 

ドラゴンアッシュのドラム櫻井さんが昔雑誌に掲載していた連載の確か最終回でボーカルのKJと対談をしていた。

かなり記憶が怪しいがお付き合いください。

高校時代にKJは学校でもバリバリの一軍メンバー。それに比べて櫻井さんはかなりカースト的に下の方だったらしい。しかしそこでこのままでは楽しい高校生活が台無しになってしまうと思った櫻井氏は勝負に出た。裸になって机に乗りなんらかの芸を披露したのだ。すると受けたのかどうかはちょっと忘れてしまったが(おい)面白い奴がいると注目をされ念願の一軍へと昇格する(誌面では1.5軍とか言われてたかも)そこからはバンドメンバーとしてなくてはならない存在となっていく。振り絞った勇気が人生を変えた。

ここで少し話は変わるがYouTubeでオススメに出ていたモノマネ番組の感想をば少し挟む。

最初に見た動画では緊張からなのか正直あまり似ていないモノマネを披露してしまった方に対してお客さんと審査員が「おぉーっ」と似ているという反応をしていてヤラセってあるんだなって思った。学芸会のようなノリ。審査員も似てる似てると上から目線な感じがした。

何本か見ている中に若き日のコージー冨田さんが登場する動画があった。タモリさんのモノマネで有名なあの方。

 

 

初登場、全くの無名の状態でステージに立ち芸を披露する。するとスタジオにいる現役モノマネ芸人たちが笑っていない。真剣にコージー冨田(呼び捨て)の芸を息を呑んで見ている。

一人の本物の登場で空気まで変わってしまった感じ。そして誰かが言った「怖い」と。さっきの動画と違い上どころか一気に自分が下になってしまうかもしれないのだから笑ってられない。プロを怖いと思わせる素人ってすごい。

なんの話かって今を変えたいなら勇気を持ってステージに立たなくちゃいけない。

机の上だろうが、自分を下に見る連中の中だろうがだ。

jon covet

 

昨日の記事はこちら

 

 


エッセイ集

 

毎日エッセイ「レミゼラブル2」
文章を書く習慣と練習を兼ね始まった毎日エッセイ。日々思う事などを軽い文体で執筆中。読んでもらっても読み飛ばしてもらっても構わない内容です。これがいつまで続くのかは誰にもわからないけど僕的にはまんざらではない。タイトルの意味は「悲惨な人々」「哀れな人々」

 

 

今日のMON MON MONSTERはこちら

MON MON MONSTERとは
本ブログの永遠のメインコンテンツ。2016年10月31日より連載開始。毎日更新中の4コマ漫画です。あの世とこの世の近い町スプリングウェルにて繰り広げられるモンスターたちの何処かゆるい日常、辛くともたくましく暮らす彼らの活躍無き活躍をご覧ください。
目標はスヌーピー の登場する4コマ漫画「ピーナッツ」の連載記録17897回。現在インスタグラムを使い世界に発信中

 

イラストレーターjon covetが描くペットキャラクター化プロジェクト「ジョンのうちの子イラスト」

詳細こちらをチェック

あなたの大切なペットをイラストレーターjon covetがキャラクター風ディフォルメイラストにいたします。

 

ジョンのうちの子イラストとは
イラストレーターのjon covetがペットをディフォルメしてオリジナルキャラクターにします。イベント会場でのみ受注中でしたが数量限定でWeb受注はじめました。だいたい半年待ちなのでかなりお待たせをしてしまいます。注文したのを忘れた頃に届くイラストです。

 

YouTubeチャンネルです。

面白かったら登録よろしくお願いします。

「ジョンのイラスト屋」という屋号で定期的にイベントに参加しています。こちらでは今後の参加予定イベントのお知らせと今まで参加したイベントのレポートを掲載しています。

※現在参加予定のイベントはありません

過去のイベントレポートはこちらをご覧ください。

 

スタンプ

 

絵文字

ジョンのうちの子イラストWebショップ

海外専用サイト Pet Character ART

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事