いつもご覧いただきありがとうございます。
10月31日でMON MON MONSTERも
無事一周年を迎えることができました。

100回記念で本を出したのも
中日新聞に掲載されたことも懐かしい思い出です。

兄にイラストを描いて見たらどうかと
いわれたのがきっかけで描き始めた漫画。
途中で続けるのが困難かと思ったこともありましたが
なんとか今日まで続けてこれました。

ナイツの塙さんが全く売れない時代に、
本気で頑張ろうと決意しネタを2年間
毎日ブログに更新されていた話を聞き
とにかく自分も思うようにいかなくても
2年は続けてみようと思っています。

せっかくですので全くの素人のサラリーマンが
目標の半分ではありますが
一年間4コマ漫画を
描き続けてどうなったのかを 記事にしたいと思います、
つらつら項目別に書いていきますのでお付き合いください。

①絵について

上達したと思います。うまくなりました。
最初はGペンにも慣れず思うように線が描けなかったけど
見違えるほど良くなった(個人の感想ね)
一年間描くってことは一年間ペンの練習を
したことにもなるわけなので上達しなかったらおかしいかも。

②話について

四コマという制限のあるなかで描いてきたことにより
考えた話をまとめる力はついてきたと思うが
どうも根本的に話が面白くないのかもしれない。

一概に他人の評価が話の面白さ、内容の良さと
直接結びつくかどうかは言えないが指標にはなるはずだ。
だって評価されてないんだから
それはすなわち今の僕の漫画には
存分に改善の余地は大きくあるってことだ。
評価のためにやったら意味がないし肝心の僕が面白くない
けどこのままでいいとは思っていないので研究して
もっと面白い漫画が描けるようになりたい。

③キャラについて

これはまだまだだと思う。
もっと強力に個性を出したほうがおもしろいと分かっているが
なかなかどうしてキャラを出すのは難しい。
突き詰めると全員僕になる。
僕の怒りや、悩みなんて感情の起伏の変化を
もっと極端にキャラにふり分けたら
おもしろくなるかもしれない。

④世界観について

これもまだまだ、
もっとナンセンスな世界観にしていけどできていない。
殺人が当たり前、犯罪を喜ぶ、
いいことすると気味悪がられるみたいな
現実ではありえないような世界観にしたいけど
そうするとこの漫画のテーマでもある「共感」から
外れてしまうかもしれない。

総括

継続は力なりとはよく言いますが
積んだ経験が力なんだと思います。
得手不得手あるけど苦手な部分を埋めるより
得意な部分をより強化していけれるようになりたい
絵がド下手でも話が最高ならいい漫画
話がどうしようもなくても絵が最高ならいい漫画
平均的なつまらない漫画にしたくない。

新たな一年よろしくです^^

PS一年達成記念に一人で蕎麦を食べに行きました。



jon covet